ちゅらトゥースホワイトニングのポリアスパラギン酸

ちゅらトゥースホワイトニングのポリアスパラギン酸って何??

ちゅらトゥースホワイトニングのポリアスパラギン酸

ポリアスパラギン酸の秘密に迫る!

 

こんにちは!!ちゅらトゥースを使って、白い歯を目指して、セルフホワイトニングに励んでいるK.Tです。

 

あなたは、ホワイトニングと言ったら、どんなことを思い浮かべますか?

 

一般的には、ホワイトニングと言って、一番最初に思いつくのは、歯科医やサロンでの治療や施術。

 

今、ホワイトニングが何気なく流行ってきていて、治療をして、歯を白くしようとしている人が、続出しているみたいですね。

 

でも、ホワイトニングって、一般的には、40,000円〜60,000円程かかると言われていて、その上、しばらくの間、通い続けないとならないという難点があります。

 

私は、歯を白くしたかったものの、経済的にも、時間的にも余裕がなくて断念・・・。

 

代わりに私が選んだのが、セルフホワイトニング

 

要は、家で歯を磨いているだけで、歯を白くできてしまうという、何ともお手軽な施術!!

 

ホワイトニングの違いについてはコチラの記事で解説していますので、そちらをご参照ください。

 

ホワイトニングって何??

 

で、私はセルフホワイトニングをするにあたって、沖縄生まれの、『ちゅらトゥースホワイトニング』を選んで見事に大満足しています。

 

その模様や、他の方の口コミなどは、こちらで解説。
ちゅらトゥースホワイトニングの口コミ。驚愕の効果と使い方!

 

そうして、ちゅらトゥースを使って、実際に歯を白くすることに、成功した訳なんですけれども、でも、使っていて、ずっと、その効果と成分が気になっていたんです。中でも気になっていたのが後述する、ポリアスパラギン酸。

 

私の場合は、使い始めて、1ヵ月くらいで効果が出始めて、万々歳だった訳ですが、他にもちゅらトゥースを使って、短期間で歯を白くすることに成功した、という方多くいらっしゃいました。

 

ホワイトニングの歯磨き粉、つまり、セルフホワイトニングって、『歯が白くならなかった。』という声も多くある中で、ちゅらトゥースは、どうしてこんなに効果が高いんでしょうか??

 

その成分の秘密に迫ってみました。ちゅらトゥースの2大ホワイトニング成分の内、リンゴ酸についてはこちらの記事で解説しています。

 

リンゴ酸って何??

 

今回の主題はポリアスパラギン酸。

 

ちゅらトゥースの歯を白くする成分。ポリアスパラギン酸(PAA)って何??

ということで、今回はちゅらトゥースの主成分である、ポリアスパラギン酸(PAA)に焦点を絞って解説していきます。

 

始めて聞いた方にとっては、ポリアスパラギン酸って、何だか噛んでしまうそうな名前ですよね??(笑)

 

でも、このポリアスパラギン酸が、ちゅらトゥースの効果を語る上で欠かすことのできない成分。

 

ということで、早速ポリアスパラギン酸をググってみました。が・・・

 

ポリアスパラギン酸をググってみた。

ちゅらトゥースホワイトニングの成分、ポリアスパラギン酸をググってみた

 

こちらが、ポリアスパラギン酸のgoogleでの検索結果。一見、検索結果が沢山ありそうですね。

 

ですが・・・。

 

正直、あまりポリアスパラギン酸についての深い解説はありませんでした。

 

私は、こういう情報をインターネット上で検索する時、『権威性』と『専門性』というのをかなり重視します。

 

Wikipediaとか、辞書とか、そういう専門的に書かれているっぽい情報は、私のサイトで紹介できるのですが、どうも見ると、素人の方が、ポリアスパラギン酸の情報を公開しているような、そんな内容ばかり。

 

要は、内容が薄いコンテンツばかりでした。困りました。

 

『ポリアスパラギン酸、どうやって調べよう・・・』

 

と、諦めかけたその時!!

 

(ちょっと古いか(笑))

 

公式資料にポリアスパラギン酸の解説があった!!

ちゅらトゥースホワイトニングのポリアスパラギン酸解説

 

ちゅらトゥースの、購入者向けに送られてくる資料の中にポリアスパラギン酸の解説がありました。

 

一応、画像が見えづらい方のために、本文を引用しておきます。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

白さの決め手はPAA(ポリアスパラギン酸)
PAAのアミノ酸高分子には、口臭や歯の汚れの原因となる
タンパク質と反応して凝固する作用があります。
この作用を応用したのが
『薬用ちゅらトゥースホワイトニング』。
通常の歯磨きでは落ちない汚れを
”浮かせて、はがして、落とす!”
磨くたびに、白さと爽快感が実感できます。

 

出典:ちゅらトゥースホワイトニング完全保存版,p.6

 


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

うーん、ちょっと難しいですかね(笑)

 

要はちゅらトゥースに含まれている、ポリアスパラギン酸の成分が、歯についた汚れを包み込んで浮かせて、はがして落とす。という強力な働きをしてくれるんです。

 

更に、画像にもあるように、取り去った汚れが再付着しないように、ポリアスパラギン酸がカバーしてくれる性能も備えています。

 

このポリアスパラギン酸と、リンゴ酸、2つの最強の組み合わせが、ちゅらトゥースが歯を白くしてくれる秘密なんです。

 

ちゅらトゥースはポリアスパラギン酸の、歯を白くする効果、汚れの再付着防止がうまい具合に作用して、人気を博しているんですね(^^)

 

ポリアスパラギン酸の公式サイトの記述

 

ちなみに、ポリアスパラギン酸は、公式サイトにも、解説が入っていました。

 

少しでも多くの情報があった方が、効果への信憑性が高まりますよね。

 

ポリアスパラギン酸が汚れを浮かせて、はがして、落とす!

基本的な説明文は、前述の販売者向けの資料と同じようなことが書いてあったのですが、それとは別にこんなことが書いてありました。

 

公式サイトのポリアスパラギン酸 

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

PAA(ポリアスパラギン酸)はアミノ酸がつながった形をしていますが、
その分市内に汚れを捕まえやすい部分があります。

 

PAAが、歯の表面の汚れに吸着し、包み込み、はがして、取り去ります。
しかも、取り去った汚れは再付着しないので安心です。

 

出典:薬用ちゅらトゥースホワイトニング

 


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

とのことです。

 

難しいことはともかくとしても、とにかく、ポリアスパラギン酸は歯の表面の汚れを落としてくれて、その剥がれた汚れがもう一度歯に付着しないようにしてくれるんです。だからこそ、ポリアスパラギン酸の歯を白くする効果が高いんです。

 

ここまでポリアスパラギン酸の効果について解説してきました。

 

ちゅらトゥースホワイトニングは、そのポリアスパラギン酸の成分が配合されているからこそ、歯の汚れを強力に除去して歯が白くなるんです。

 

と言う事で、今回はポリアスパラギン酸の秘密に迫ってみました!!

 

ちなみに、ポリアスパラギン酸の専門的な見解が見たい方はこちらのサイトからどうぞ。

 

ポリアスパラギン酸Na(化粧品):Cosmetic-Info.jp

 

ポリアスパラギン酸 - J-STAGE Journals

 

どちらのサイトもポリアスパラギン酸について詳しく解説しており、権威性もありそうな情報なんですけど、いかんせん、難しくて理解しづらいですね・・・(笑)

 

参考にどうぞ!!