歯のセルフケアを正しい方法をご紹介!

歯のセルフケア、しっかりできてますか??

歯のセルフケア

 

こんにちは!!コーヒーや紅茶、カレーなど、色の付く飲み物食べ物で、
歯を思い切り黄ばませてしまったK.Tです。あなたは、

 

歯のセルフケア、しっかりできていますか??

 

冒頭に述べたように、私は、飲み食いに拘りがある割に
歯のケアを怠ってきたので、見事に歯は黄ばみ放題になってしまいました・・・。

 

しかも、1年半前まで、某有名喫茶店チェーンで、店長をやっていたこともあり、
『コーヒーとは切っても切れない縁』みたいのができてしまったので、
歯の黄ばみの進行歯止めが効かなくなってしまいました・・・。

 

サブッッ!!!!
ショック!! 

 

と、まぁ、うまいこと場が凍り付いたところで(笑)少し真面目な話に戻ります(笑)

 

歯のケアはしっかり行わないと、どんどん黄ばんでいってしまいます。
それどころか、最悪の場合、虫歯になったり、歯の神経を痛めたりすることになります。

 

だからこそ、そうなる前に。手遅れになる前に、しっかりと歯のケアをすることが大切。
もちろん、歯科医やサロンに行くのがベストはベストなんですけど、
金銭的にも、時間的にもそうそう余裕なんて作れるものでもないですよね。

 

もちろん、経済的、時間的余裕がある程度あるなら、歯科医やサロンに通うことがオススメ。
けれど、それが難しいのであればやっぱり大事になってくるのが、セルフケア。

 

セルフケアをしっかりすることが歯の健康の最大のコツ

 

と言うことができます。『歯のセルフケア』と何だか、難しい言い回しをしていますが、
要は、『毎日の歯磨きをどれだけしっかりできているか?』っていう話です。

 

繰り返しますが、あなたは歯のセルフケア、しっかりできています??

 

こう聞かれて、もしかしたら、あなたは、こう思うかもしれません。

 

『私は毎日3回、食後に歯を磨いているから大丈夫!!』
大丈夫! 

 

もちろん、それはそれで素晴らしいことです。毎日しっかりと歯を磨くというのは、
当然のことと言えば、当然のことですが、中々しかし、毎日続けるというのは、
難しいもの。それは歯磨きに限らず、人生全般に言えることですね。

 

でも、『歯のセルフケア』っていうのはそれだけじゃないんです。
ただ、毎日歯を磨けば良い、という訳でもないんです。

 

正しいセルフケアが大切。

 

なんです。こちらのサイトでは、その、
『正しセルフケア』についての情報を記述していきます。

 

あなたが『歯の健康』について、意識し始めているのであれば、
ぜひ今回の記事を、今後の歯の健康にお役立てください。


正しい歯のセルフケアをしよう!!

正しい歯のセルフケア

 

正しい歯のセルフケアの方法にはいくつかあります。
今回はその中で代表的な3つをご紹介。ぜひ参考に(^^)

 

歯のセルフケア@ブラッシング

やっぱり、セルフケアで最も大切なのは、何と言ってもブラッシング
どんなに高級で、優良な歯磨き粉を使っていても、ブラッシングの方法が間違っていたら、
効果は半減。下手をすると、逆に歯を痛めることになってしまいます。

 

歯の汚れを落とすためにも、歯を白くするためにも、
『正しいブラッシング』というのがベースになってくるんです。

 

正しい歯のブラッシング。ポイントは、『歯ブラシを小刻みに動かすこと』です。
歯と歯の間、を5mm間隔くらいで優しくブラッシングしてあげること。
力を入れすぎたら、逆に歯の表面を痛めることになってしまいます。

 

歯ブラシの角度を上手く変えながら、毛先が歯の表面に当たるように、
意識してブラッシングして下さい。

 

歯並びが良くないところ、歯の裏側などは、歯ブラシを、
歯に対してまっすぐに当てるようにして磨くのもポイント。

 

また、磨きにくいところのブラッシングには、『ワンタフトブラシ』がオススメ。
ちなみに、こちらの記事では、私なりのワンタフトブラシのオススメポイントを書いています。
ワンタフトブラシの使い方のオススメ♪

 

歯のセルフケアAフロッシング

 

『え?!!何??もう一回言って?!!』
もう一回言って!

 

そんな声が聞こえてきそうな聞き慣れない名前なんですけど(笑)
要は、デンタルフロスを使って、歯と歯の間の汚れを落とすやり方ですね。

 

糸ようじですね。こういうやつ。
糸ようじ

 

歯と歯の間に挟まってしまった食べカスなんかは、やっぱり
こういうのでしっかり除去しておかないと、後でこの汚れが歯を痛める
大きな原因となってしまいます。

 

 

歯のセルフケアBマウスウォッシング

 

最後が、マウスウォッシング。CMでおなじみ、

 

『お口くちゅくちゅモンダミン。』

 

に代表される洗口剤といわれるやつです。
歯ブラシとデンタルフロスでしっかりと歯を磨いたあとは、
この洗口剤でお口の中を殺菌!!そうすることによって、
口の中のプラークが大幅に除去されるそうです。

 

適量を口に入れて、約30秒ほど口の中で動かして、
汚れをしっかり落としてから吐き出すのがポイント。

 

 

いかがでしたでしょうか??ここでご紹介した歯のセルフケアの3つのポイント。

 

すでに知っていて、実践済みだったらそのままその歯磨きを継続していって下さい。
もし、今回ご紹介した歯のセルフケアの中であまり意識していなかったことがあれば、
徐々に徐々にで良いのでぜひ試してみて下さい。

 

面倒かもしれませんが、こうした歯のセルフケアの習慣を維持すること
歯の健康のため、白い歯のためには、とっても大切なんです。

 

 

更に歯を白く健康にするために『ちゅらトゥースホワイトニング』

 

ここまでご紹介した、正しいセルフケアの前提で、更に歯を白く、
健康にするために、オススメなのが『ちゅらトゥースホワイトニング。』

 

このちゅらトゥースホワイトニング。何と言っても強みなのが、

 

ホワイトニング対策と虫歯予防対策が同時にできちゃう!!

 

点なんです。

 

確かに、他にも、ホワイトニング歯磨き粉で、
そのような効果効能を謳っているものもありますが、
ちゅらトゥースホワイトニングは、高いホワイトニング効果の成分に加えて、
製作会社であるチュラコス株式会社が独自に見つけてきた新成分、
『GTO』というのが入っています。

 

この、『GTO』が、ちゅらトゥースホワイトニングの
ホワイトニング+虫歯予防対策の鍵。

 

他にも、ちゅらトゥースホワイトニングには、歯を白く、
健康にするための成分が沢山含まれているんです。

 

正しい歯のセルフケア方法がわかったら、
今度は、それを更に促進させるための、『歯磨き粉選び』の意識も、
しっかり高めていきましょう。そうすれば万全ですね☆

 

ちゅらトゥースホワイトニングの口コミ、私の体験記は、
こちらを参照にどうぞ。
⇒ ちゅらトゥースホワイトニングの口コミ。驚愕の効果と使い方!