ワンタフトブラシでの歯の磨き方

ワンタフトブラシの使い方!オススメ特集!

ワンタフトブラシの使い方とそのオススメ方法

こんにちは!ちゅらトゥースホワイトニングで歯を白くするのに、成功した、
K.Tです。

 

突然ですが、あなたの歯は白く健康ですか??

 

私たちの生活に欠かすことのできない飲食。
基本的に、私達は、飲まず食わずでは生きてはいけません。
様々な食べ物、飲み物に支えられて、人間の営みが続いています。

 

だからこそ大事な歯。
健康な歯がないと、私達は食べることはおろか、飲むことすらままならなくなります。
虫歯だったりすると、冷たいものが歯に染みますもんね。

 

あなたは、そんな『生命線』とも言える、『歯の健康』。
しっかり整えていますか??

 

このサイトでは、歯の健康のため、
歯を白くするために必要な豆知識をご紹介していきます。

 

ワンタフトブラシの使い方とおすすめはこちら!

このサイトのタイトルにもあるように、ワンタフトブラシはとっても重宝します。
通常の歯磨きでは磨きにくいところもしっかり磨けるのでおすすめ。

 

以前、日経MJの新聞の記事に、歯の健康の特集がありました。
その中に、ワンタフトブラシについての記述があったので、ご紹介します。

 

参考サイト
メディア掲載情報|グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション

 


奥歯の内側は舌が邪魔して磨きにくいため、細かい部分の歯磨きに適した
ワンタフトブラシを使う。ハブラシでは届きにくい根元をなぞり、磨き残しをなくしていく。
どの部分が磨き終わっているのか、ハブラシは歯にきちんと当たっているのかを
鏡を見て確認しながら歯を磨くのも効果的だそうだ。

 

 

 

 

とのこと。これは、グラントウキョウオーラルヘルスケアステーションの歯科衛生士の方が、
おすすめしてくれた話だそうです。

 

要は、奥歯とか、歯と歯の隙間は、普通の歯ブラシでは届きにくいので、
ワンタフトブラシを使うのがおすすめ!!っていうことです。

 

記事の中にもあったのですが、『磨けたつもり』っていうのが一番怖いみたいですね。
毎日しっかり歯を磨いているつもりでも、磨き残しっていうのはあるもの。
で、そうした歯の磨き残しが積もり積もって、むし歯や歯の変色の原因になってしまうんです。

 

だからこそ、こうしたワンタフトブラシでのケア習慣が大切ですね。

 

そして個人的に、ワンタフトブラシとの組み合わせで最もおすすめなのがこちら。


ワンタフトブラシの使い方で最もオススメな組み合わせ☆

ワンタフトブラシの使い方オススメ

 

ここまでご紹介してきたワンタフトブラシ。そのまま使うのでももちろん効果的なんですけど、
実は最もおすすめな使い方があるんです。それは・・・

 

ちゅらトゥースホワイトニングとワンタフトブラシの組み合わせ!

 

個人的にはこの使い方最もおすすめで効果的!!
ちゅらトゥースホワイトニングは当サイトの冒頭の方でも少し触れましたが、
私が黄ばみ放題だった歯を、白くするのに成功した『セルフホワイトニング』の
歯磨き粉です。

 

と、ここで、『ホワイトニングが何。』とか、『セルフホワイトニングは何ぞや??』
と話していたら霧がないので、ここではご割愛します。

 

ちゅらトゥースホワイトニング本体はこちら。

ちゅらトゥースホワイトニング本体 

 

画像、小さくてすみません。本体のコンパクトさを表すためだと思って、
ご容赦下さい(笑)

 

で、このちゅらトゥースホワイトニング。何がおすすめかっていうと、
『本当に歯が白くなる!!』んです。

 

しかもやることは歯を磨くだけですよ!!
歯を磨くだけで白くなるなんてすごいですよね・・・。

 

ちゅらトゥースホワイトニングの詳細、口コミ、体験談は、
こちらのサイトでまとめておきました。
ちゅらトゥースホワイトニングの口コミ。驚愕の効果と使い方!

 

で、ちゅらトゥースホワイトニングのワンタフトブラシの組み合わせについてなんですけど、
ちゅらトゥースホワイトニングは、歯を磨くことによって、『歯の表面の汚れを落とす』
成分が多数含まれています。口コミでも、『本当に歯が白くなった!!』
という声が多く挙がっています。

 

でも、残念なことに、歯と歯の隙間の汚れや、奥歯の方に残ってしまった汚れを
自然に落としてくれる効力は持っていないんです。

 

だから、どんなに一生懸命ちゅらトゥースホワイトニングで歯を磨いていても、
歯の隙間や奥歯に汚れが残ったままだと、
いつまで経っても歯は白く綺麗に、健康にはなりません。

 

より、相乗効果を出すために。白く美しい歯を作るためにも、

 

ちゅらトゥースホワイトニングとワンタフトブラシの組み合わせは最高!!

 

なんです。

 

ちなみに、ワンタフトブラシは、ネットショッピングや、ドラッグストアなどで、
普通に買うことはできますが、ちゅらトゥースホワイトニングを公式ホームページから
買うと、初回購入特典で一つついてきますので、それを使っていただければOK!!
 ちゅらトゥースホワイトニングの公式ホームページはこちら。

 

ぜひぜひ、ちゅらトゥースホワイトニングとワンタフトブラシの組み合わせで、
どんどん歯を白く、健康にしていってください(^^)

 

更にダメ押し!!

 

ちゅらトゥースホワイトニングと電動ワンタフトブラシの組み合わせもおすすめ♪
こちらのサイトもぜひ参考に!!
*ちゅらトゥースホワイトニングの使い方。裏技編*

 

こちらのサイトで紹介している方法。
個人的にはワンタフトブラシの使い方として最も適しているんじゃないかと思っています。
通常、手動のワンタフトブラシって、ハッキリ言うと、かなり『磨きづらい』です。

 

使い方はそんなに難しくないんですけど、歯と歯の隙間とか、
ブラシが届きにくい部分をゴシゴシ磨くのが結構苦痛・・・。

 

対してこの電動ワンタフトブラシは、使い方がとってもシンプルなのは
もちろんのこと、届きにくい部分も自動でシュッシュと磨いてくれるので、
歯が綺麗になっていく実感値が高い!!

 

『早く、この電動ワンタフトブラシの存在に気付いていればよかった・・・』
と思うほど(笑)

 

ワンタフトブラシの使用を検討している方はぜひこちらの記事を
ご覧下さい(^^)


ワンタフトブラシの更に詳しい使い方

ここまでワンタフトブラシの使い方について、
詳しく説明してきました。

 

いかがでしたか??私なりに知っている知識を寄せ集めてはいるのですが、
こちらのページでより詳しく、ワンタフトブラシの使い方のおすすめ方法が書いてあったので、
ぜひ参考にしてください。
歯ブラシを上回るワンタフトブラシ!毎日2分の歯垢除去対策

 

ワンタフトブラシの使い方の要約

上記のサイトで記載されていたワンタフトブラシの使い方。
その要約内容を記載します。

 

まずは、重点的にワンタフトブラシを使うべき歯の部位について
補足しています。

 

歯周ポケット
歯並びの悪い場所
矯正装置を取り付けた部分
ブリッジを入れた部分
生えきっていない親知らず
歯の根っこが露出した部分
上の前歯の裏側

 

その上で、まずはワンタフトブラシで2分間歯を磨いて、
その後、1分間通常の歯ブラシで歯を磨くことをおすすめしています。

 

何でも、ワンタフトブラシは元々スウェーデンから発症してきているようで、
そのスウェーデンでは、みんなとても歯を綺麗にしているそう。

 

でも確かに、ワンタフトブラシで歯にこびり付いてしまった汚れを剥がして、
その後、普通の歯ブラシでブラッシングで歯垢を除去すれば、
高い確率で歯を綺麗にすることができそうですね。

 

ワンタフトブラシの持ち方

基本的には、ペングリップと言って、ペンを握る時と
同じ方法で握ってやるのがベスト。

 

それで磨きにくい位置を磨いていきます。

 

ワンタフトブラシで磨く部位

特に、歯と歯茎の境目歯と歯の隙間
歯並びの悪い部分を磨くと効果が高まるそうです。

 

余談ですが、私自身、以前まではしょっちゅう歯科医の、
『ウィーン』って音がする機械で歯のクリーンアップをしてもらっては、
先生に、

 

『大分歯垢が溜まってますね・・・』

 

なんて言われていました。

 

これを読んでくださっているあなたにも、多かれ少なかれ、
同様の経験があると思います。

 

そうならないようにするためにも、
白く美しく健康な歯で、毎日をエンジョイするためにも、
このようなワンタフトブラシの使い方で、歯のケアを
しっかりやっていくのがおすすめです。

 

ワンタフトブラシ。ぜひ使ってみて下さいね(^^)