歯が黄ばんでしまう原因を徹底解剖!!

歯が黄ばんでしまう!!

歯の黄ばみのショック!!

こんにちは!!ホワイトニングに取り組んで、黄ばんでいた歯を
白くすることに成功したK.Tです。

 

このページでは、歯が黄ばんでしまう理由と対策について、
色々と調べた結果を載せていきます。

 

何で歯が黄ばんでしまうの?!!

 

日本人の歯は生まれつき黄ばみ気味だとよく言われます。
とはいえ・・・。やっぱり歯の黄ばみというのは気になるもの。
 
あなたは、鏡を見たときの自分の歯。黄ばんでいませんか??
歯が黄ばんでたり、最悪の場合、黒ずんでいたりしたら、
当然、落ち込みますよね・・・。
 
というか、思いっきり笑うことができなくなってしまいます・・・。
 
思いっきり笑えないのはやっぱりちょっと悲しい・・・
笑えないのは悲しいもの・・・

 

そもそも、なんで私たちの歯は黄ばんでしまうのでしょうか??
インターネットを見ても、ドラッグストアを見ても、
 
『歯の黄ばみ対策』
『ホワイトニング』
 
関係の商品は沢山ありますが、対策を打つ前に、まずは原因を知ることが大切です。
原因もわからず、対策ばかり打っていても、根本的な解決には至りません。
 
ここで歯の黄ばみの原因を確認してみましょう!!
 
 

歯の黄ばみの原因はこの3つ!!

 
歯の黄ばみの主な原因はこの3つです。
あなたはどれが一番当てはまりますか??
 
 

@色素沈着

やっぱり、歯の黄ばみの一番の原因は何といってもこれ。
色素沈着。つまり、歯表面の汚れです。
 
これの一番の原因は、食べ物や飲み物。
食べ物や飲み物が歯表面のエナメル質にこびりついてしまって、
色を落としてしまう、もしくは黄ばませてしまう状態です。
 
特に、色の濃い食べ物、飲み物。コーヒーや、カレー、赤ワインなど
の飲食物を口に含んだ際は、色が歯についてしまう傾向があります。
 

Aエイジング

加齢と共に、歯のエナメル質がすり減って薄くなってしまう状態
歯の内側にある、象牙質そのものが黄ばんでしまって、
エナメル質がなくなってしまうことによって、その黄ばんだ象牙質が
浮き彫りになってしまった状態です。
 

B薬剤などで変色

歯の健康のために詰めた詰め物による変色が起こっている状態です。
特にこの場合は、歯の内側、外側両方とも変色してしまうので、
対策も詰め物を詰め替えるなど、専門的な治療が必要になります。
 
 
歯が黄ばんでしまう主な原因はこの3つとされています。
AとBに関しては、治療のためにはやはり、医師による治療や、
漂白がオススメ。
 
食べ物や飲み物による黄ばみで、最も簡単にできる対策としては、
『セルフケア』です。
 
つまり、『美白成分入り歯磨き粉を使う。』というのが一つの手。
実際に私は、それで歯を白くすることができました。
 
詳細はこちらからどうぞ(^^)

ちゅらトゥースホワイトニングの口コミ。驚愕の効果と使い方!