ちゅらトゥースホワイトニングの歯を白くする効果

ちゅらトゥースホワイトニングの歯を白くする効果の秘密に迫る!!

ちゅらトゥースホワイトニングの歯が白くなる効果について

こんにちは!!K.Tと申します。
このページではちゅらトゥースホワイトニングの、
歯を白くする秘密に迫っていきます!!

 

ちゅらトゥースホワイトニングの歯が白くなる効果!!

 

『ちゅらトゥースホワイトニングで歯が白くなった!!』

 

という喜びの口コミが多数上がっています。ホワイトニング歯磨き粉は、
他にもたくさんある中で、ちゅらトゥースホワイトニングは他社製品とどう違うのでしょうか??
歯を白くする効果、成分にスポットを当てて、ご紹介してまいります。

 

リンゴ酸

ちゅらトゥースホワイトニングには、『リンゴ酸』の成分が含まれています。
このリンゴ酸が、歯に付着した汚れを、剥がして包みこんで落とすという役割 を担っています。
ぶっちゃけ、この成分自体は、他のホワイトニング歯磨き粉でも扱われています。
ちゅらトゥースホワイトニングが特に力を入れたのは、次の成分との組み合わせなんです。

 

ポリアスパラギン酸(PAA)

ちゅらトゥースホワイトニングはもうひとつ、歯を白くする成分として、
『ポリアスパラギン酸』というのも使っています。

 

こちらもリンゴ酸と同じく、歯に付着した汚れを剥がして包み込んで落とすという効果効能を
担っているのですが、ポリアスパラギン酸はそれだけじゃなくて、
汚れが歯に再度付着しないようにしてくれる、

 

『再付着防止機能』

 

の役割も担っています。せっかく一生懸命歯を磨いても、
食べる度に歯に汚れがついてしまうのであれば、イタチごっこ。
汚れては、落として、汚れては落として。
その繰り返しでは、いつまで経っても歯を白くすることができません。
 
特に、一時的に歯が白くなっても、またしばらくしたら、
元の黄ばんだ歯に戻ってしまったら何も意味がありません。
そうならないためにも、ちゅらトゥースホワイトニングは、
汚れの再付着防止機能の役割を担っている、
ポリアスパラギン酸を採用したんです。
 
また通常であれば、リンゴ酸も、ポリアスパラギン酸も、
その名の通り、『酸』なので、そのまま入れるだけでは、
逆に歯を溶かしてしまう危険性すらあります。
 
ちゅらトゥースホワイトニングは、リンゴ酸と、ポリアスパラギン酸で、

歯を痛めずに、ホワイトニングの効果を最大限に発揮するために、
ペーハー調製剤(pH剤)を絶妙にブレンドすることに成功しました。
 
つまり、本来であれば、リンゴ酸と、ポリアスパラギン酸によって、
歯が痛んでしまうところを、ペーハー調製剤がそうならないように、
ブロックしてくれているんです。
 
だから、ちゅらトゥースホワイトニングは、
歯を痛めずに、白くすることができるんですね☆

 

ビタミンC

また、ちゅらトゥースホワイトニングは、それだけでなくて、ビタミンCの
成分も配合しています。
 
歯の健康は歯茎から。ちゅらトゥースホワイトニングはビタミンCを
入れることによって、歯茎を健康にするように、意識しました。
 
『歯を歯茎から健康にする!!』
 
というコンセプトがあるそうです。
 
『ちゅらトゥースホワイトニングで歯を磨くようになってから、血が出なくなった!!』
 
と言った口コミが多いのは、この成分、ビタミンCの
働きによるものなのかもしれませんね。

 

結論!!

ちゅらトゥースホワイトニングは、リンゴ酸、ポリアスパラギン酸、ビタミンCの働きで歯が白くなる!!

ちゅらトゥースホワイトニングで歯が白くなった! 

 

更に詳しい情報はこちらをチェック!!
ちゅらトゥースホワイトニングの口コミ。驚愕の効果と使い方!